2021年9月24日金曜日

お掃除の天使たちの誇り

 

先日の仙台出張の時のこと。出発時刻の10分前くらいに東京駅のホームにあがると、ちょうど折り返しの新幹線がホームに到着してお客様が降りているところでした。お客様が全員降りると同時に一気に社内に乗り込む集団が。「お掃除の天使たち」と呼ばれるこの集団は、JR東日本テクノハート(TESSEI)の新幹線清掃の方々です。出発まで10分を切っている中、テーブルやひじ掛けを拭き、床の掃き掃除をし、座席を回転させ、トイレ掃除をする。完了すると一斉に社内から降りてきて、乗車口の前にぴしっと整列、一礼、「お待たせいたしました!」と声をかけてくれます。さらには荷物が多いお客様をサポートしたり、車両が分からない年配の方をご案内したり、、、朝のラッシュでピリつく雰囲気の中、とてもすがすがしい気持ちにさせてくれます。皆さんも一度は見たことがあるかもしれませんね?

私は以前、この方々をテーマにした「新幹線お掃除の天使たち -世界一の現場力はどう生まれたか」という本を読んだことがあります。この本には、一般的にはスポットライトをあびることが少ない「お掃除」の仕事をしている人たちが、どのようにしてプロ意識や誇りを持つ集団へと変わっていったかというストーリーが書かれています。彼らも以前は「この仕事をしていることを人に言いたくない」「自分はしょせん清掃員」という意識で、与えられた仕事はするけどそれ以上はしない、という雰囲気だったそうです。その会社を変えたのは、「さわやか・あんしん・あったか」をキーワードに「トータルサービス」を目指すという会社のビジョンにありました。日々の業務の大半は清掃業務かもしれません。でもそれは単に掃除をするということが目的なのではありません。お客様に安全で楽しい旅をしてもらいたい、思い出というお土産を持って帰ってもらいたいという思いが、彼らの行動や所作のひとつひとつに表れます。またその思いがお客様に伝わるからこそ、「ありがとう」という感謝の言葉になって返ってくる。その言葉に励まされて、仕事に対する自信と誇りが湧いてくるという好循環が生み出されているのだと思います。

当社が目指しているのは、「慢性的な人不足に陥っている建設業界で活躍できる人材をひとりでも多く生み出す」ことです。これは、日本の社会インフラを創る建設業を支え、雇用の創出や家計の安定化をもたらし、日本経済を成長させるうえで必要不可欠なことなのです。日々の仕事は、「面接をする」「営業をする」「現場訪問をする」「研修をする」「請求をする」ことかもしれません。目先の業務に追われると、どこへ向かっているのかわからなくなって、自分や会社の存在価値が見えにくくなってしまいがちですよね。でもその先に目指すこと、その社会的意義が何であるかを忘れないでください。その思いが、顔つきや言葉づかい、行動のひとつひとつに表れてくるのではないかと思います。

この業界は他社と差別化しにくい業界です。だからこそ、採用、営業、フォロー、教育を通じて、技術者や派遣先の方々に当社の魅力を感じてもらうことが大切です。それには、皆さんが自尊と誇りをもって活き活きした表情で仕事をしていないといけないですよね。私もそうした環境づくりを意識していきたいと思います。


あとがき

①私はあまりお酒が飲めません。コロナで外で飲む機会も減ってますます弱くなっちゃいました。でも、ノンアルコールビールはあまり美味しくないから飲みたくない。そんな私にぴったりなのがアサヒビアリー。アルコール0.5%の微アルでほろ酔い気分は味わえるし、味もノンアルよりずっとビールっぽい。白いクラフトビールテイストの方はより一層ビール感が強くて美味しいです。微アルハイボールも出るみたいなので今度試してみようっと。

②21日は中秋の名月×満月、とても綺麗でしたね。我が家ではベランダで団子を食べながらお月見をしました。中秋の名月の日は必ずしも満月ではないということを初めて知りました、、、

2021年9月8日水曜日

出会いが寿命を長くする!? 一期一会を大切に

 


7月以降、少しずつ前々職でお取引があったお客様へご挨拶に行っています。私が建設業から離れていたのは4年間ですが、有難いことに皆さま久しぶりの再会を喜んでくれます。先週は10年前に一度お会いしたきりご連絡できていなかったKテックの社長、今日は4年前にジャカルタで退任のご挨拶をして以来のT工務店インドネシア現地法人前代表。当時を懐かしみながら思い出話で盛り上がりました。働く会社や立場、業界が変わってもこうしてお付き合いを続けてくださる方々がいらっしゃることはとても嬉しく思います。

世界の人口は70億、日本の人口は1億2000万いる中で、縁あって出会う人がいます。その出会いの日は生涯に一度だけ、一期一会です。その出会いがきっかけとなって仕事がうまく進むこともあれば、障壁となる人もいるでしょう。自分の人生に影響を与える大きな存在となることもあれば、顔も名前も思い出せない人もいます。でもどのような繋がりも、はじめは一期一会から始まります。その出会いやご縁を大切にすることで、社会人人生だけでなく、人生そのものが豊かになると感じます。社会的つながりの有無が、喫煙、肥満、高血圧より健康寿命に影響するという研究結果もあるようなので、元気なうちに一生のお付き合いとなるような出会いをひとつでも多く増やしておきたいものです。

sansanを見ると3万枚の名刺が入力されています。これは、皆さんが日々の営業や管理訪問などで一生懸命足で稼いだ成果であり、会社の財産ですね。これは、見方を変えれば、それだけの出会いがあったということにもなります。採用面接も含めればおそらく6万人くらいになるでしょう。

当社は、人と人の繋がりをつくる会社です。当社と技術者が出会い、技術者とお客様が出会う。これまでも多くの出会いを経験し、これからも多くの出会いをつくります。ですから人一倍”人との出会い”を大切にしなければなりません。無意味に繋がりをつくる必要はありませんが、出会ったその日にひとつでも魅力を感じるものがあれば、ぜひそのご縁を大切にしてください。人の魅力というものは感覚を研ぎ澄ませなければ感じられるものではありません。センスです。それには、出会ってから別れるまでの限られた時間に、相手に真摯に正直に向き合うことが大切です。こちらが距離を作れば、相手も距離を置く。こちらが歩み寄れば、相手も歩み寄る。第一印象や先入観は捨てて、まずはご縁に感謝して向き合うことから始めてください。

私と皆さんとの出会いもご縁です。私のこれまでのご縁が、会社に、皆さんに繋がっていくよう微力ながら頑張りますね。


あとがき

今日も甘いネタをひとつ。家族でたまに行く東京赤坂の高級住宅街の中にひっそりたたずむフルーツパーラーFruFull。パフェ、フルーツサンド、何を食べても美味しいけど、私のイチオシはホットケーキ。特にフルーツたっぷりの生クリームと、お店で手作りのメイプルシロップをかけていただきます。コロナで閉店しちゃってないか心配だったけど、外まで行列できててひと安心。



2021年8月12日木曜日

「難しい」と言ってはそれで終わり

 

仕事は難しいことが多いですね。お客様からは無理な要求をされ、社内ではハードルの高い目標が設定され、、、人も数字もなかなか思うようには動いてくれません。でも難しい状況に立たされた時に、「難しい」「無理」と言って諦めてしまったらそれで終わりです。何が難しいのか、どうしたら難しい状況から少しでも前に進むことができるのか、つまり直面している問題と解決のための選択肢をいつも考えるようにしましょう。


「いまちょうどピークで忙しいから来月からすぐにいれられる人いない?30代で5年以上の経験者、やる気があって、明るくて、コミュニケーション能力が高くて、ちょっとした図面修正もできて、1級施工管理持ってたらなおいいな。予算はほとんどないから50万以内で。あと、アーキで実績のない人はやめてね、信用できないから。」

「あ、、、はい。ちょっと難しいですね、、、」

すぐに思い当たる人はいないし、そもそもこの要件全てを満たせるような人なんてそう簡単に見つかるものではありません。確かに難しいですよね。でも、お客様は無理を承知でお願いしているのです。アーキだったら何とかしれくれるかもしれない、そう思って依頼してくれています。それに対して「難しいですね」で終わらせてしまったら契約することはできませんし、それ以降当社に期待してくれることもないでしょう。

お客様に人材要件を尋ねれば色々な項目を要求してこられます。でも必ずしも全てが満たされなければ採用しないというわけではありません。譲れるところと譲れないところが必ずあるはず。そこを少しずつ解きほぐしていきながら着地点を見出していきましょう。


たとえば「無理」ではなく「どうだったらできるか」を提示します

3ヶ月後からだったら

60代だったら

おとなしい性格の方だったら

2級施工管理保持者だったら

チャージ60万だったら

他社からのスカウトで新規採用だったら

 

その時に、お客様の懸念を打ち消す言葉が添えられたらなおいいですね

3ヵ月間はとてもフットワークのいい弱経験者を紹介できますので繋ぎでどうですか?

60代ですがとても柔軟性の高い方です

おとなしい性格ですがやるべきことはしっかりと理解して作業できます

現在は2級ですが半年後には1級取得を目指しています

60万ですが即戦力として活躍できます、工期の遅れを取り戻すことにも貢献できるでしょう

実績はないですが以前同じ現場で仕事をしていた当社技術者からはとても良い評判を聞いています


お客様の難しい要望に対して、難しいで終わらせたり、要望から逸れた提案をごり押ししたりするのではなく、あきらめずに少しずつ歩み寄る姿勢を見せることで、当社への信頼も期待もあがるはず。そのままでははまらないパズルのピースをどのようにはめるか。「難しい」の先に何を見せられるか、それが営業の腕の見せどころでもあり、企業間の信頼関係構築の第一歩です。


あとがき


①以前家族で川越に遊びに行った時の事。とあるうなぎやさんで食事をしていると、バナナマンのせっかくグルメという番組の取材依頼が!即答でOKするも、その時次男が食べていたのは鰻ではなく、コロッケのお子様ランチ(次男は鰻が苦手)
取材スタッフからは、「やっぱり鰻を食べていただかないと、、、、」
そしてオンエアされた映像がコレ。この日以降、彼は鰻を克服しました。

②私はかなりの甘党です。そんな私の和菓子ランキング1位が、鈴懸のいちご大福
大粒でジューシーな大粒いちごに上品なこしあんが薄く入っていて本当に美味しい。当然冬から春にかけてのいちごの時期にしか販売されないのだけど、この前伊勢丹に売っていた!!特別な夏品種のいちごを使ったらしい。その日15時前後に東京本社にいた人はラッキーだったね!

2021年8月2日月曜日

困難を乗り越えたからこそ感動がある


東京オリンピックが始まって1週間が経ちました。開催前はコロナ禍での開催なんてどうかしてるなどと批判的だったメディアも一転、日本人選手の連日のメダルラッシュを讃え、喜び、感動の渦を巻き起こしていますね。私はコロナによってどんよりくもってしまった世界中の空気をスポーツの力で晴らして欲しいと思っていましたが、緊急事態宣言下、無観客ではあまり盛り上がらないのでは、、、と思っていました。

でもいざ始まってみるとやっぱりスポーツはいい!年のせいなのか、どの競技を見てもこみあげてくるものがあります。どの政治家や専門家の言葉より、試合を終えた選手の言葉の方が心に響きます。涙ながらにオリンピック開催に感謝のコメントを述べる選手の姿を見ると、ああやっぱりこんな時だからこそ開催してよかったんだなと感じます。

なぜスポーツの力は人の心を動かすのでしょう?


勝って歓喜の涙を流す選手もいれば、負けて悔し涙を流す人もいます。でもどちらにせよ見ていてぐっとくるのは、涙の向こう側に選手たちそれぞれが経験してきた血の滲むような努力、困難、挫折、またそれらをともに乗り越えてきた家族、仲間、コーチや監督などの姿が垣間見えるからではないでしょうか?辛く、厳しい経験を乗り越えて闘ってきたからこそ、勝っても負けても涙が出る。その選手ひとりひとりのストーリーに自然と共感し感動につながるのだと思います。

皆さんにも、何かひとつは困難や挫折を乗り越えて手にした成功体験がありますよね?そして、困難を乗り越えるきっかけとなった”誰か”の存在もあると思います。それは、物事に真剣に取り組んできた証です。逆に、困難もなく楽に掴んだ成功など成功とはいえないし、記憶にも残っていないはず。自身の成功体験ストーリーを語ることができるということは、その裏に大きな何かを乗り越えてきたといえます。

スポーツと違って社会人人生は長いもの。これからも、これまで以上の困難と苦難がたくさん待ち受けているでしょう。でも、困難と真剣に向き合いながら物事に取り組んでいけば、それを乗り越えた時の達成感、感動が膨らみ、大きな成長につながるのです。真剣に取り組んでいる姿には誰もが共感し手を差し伸べてくれます。だからひとりで苦しむ必要はありません。辛さも、喜びも、仲間と分かち合えばいい。そのためのチームであり、組織ですから。

ひとつでも多くの”成功体験ストーリー”をこの会社で一緒につくっていきましょう。


あとがき

先日、小2の次男と一緒に、無添加クラフトコーラづくり(なぜかスイミングスクールが主催)なる企画に参加してきました。市販のコーラは、砂糖、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料と添加物ばかりですが、クラフトコーラはカルダモン、クローブ、シナモン、バニラビーンズと色々なスパイスを調合してシロップを作ります。それを炭酸水で割ってできあがり。口の中で色々な香りが弾けてとっても美味しい! もともとコカコーラは栄養ドリンク、ペプシコーラは胃腸薬として作られたとのこと。確かにクラフトコーラのスパイスの香りはちょっと漢方薬みたいな感じがしたな。ネット上にはたくさんレシピがあるので、皆さんも是非試してみて。

2021年7月20日火曜日

なぜ”人”が大切なのか

人が大切、人は宝、人は財産、、、HPなどを見ると人を大切にしているとうたっている会社はたくさんあります。

経営者によって考え方は様々かと思いますが、私は心から会社は”人”が全てだと思います。理由は3つ。

①会社の価値は全て社員である”人”がうみだしているから
②”人”は時間の経過とともに価値が高まる唯一の経営資源だから
③”人”はおかれた環境によってパフォーマンス(仕事の質や成果)がかわるから


まず基本中の基本ですが、製品やサービスを開発するのは”人”、それを営業して売上利益にかえるのも”人”、その”人”を育てるのも”人”。企業活動は全て”人”が中心にまわっています。つまり会社の価値はそこで働く”人”で決まる。会社づくりは人づくりだと思います。


4大経営資源とよばれる、人、モノ、金、情報。人以外は全て時の経過とともに価値が薄れていきます。

新製品は高額ですが、旧式、旧世代の製品は安売りされてしまいます。機械や設備、備品など会社の資産も基本的には(土地などはその時々で価値が上下しますが)時が経てばその価値が下がるもの。減価償却という会計上の評価方法もモノの価値は下がっていくという考え方です。

100年前の1万円と今の1万円では100年前の1万円の方が価値が高いですよね?100年後の1万円は今の100円程度の価値しかもたないかもしれません。お金も時間とともにその価値が下がっていきます。

情報は鮮度が命。10年前の情報など役には立ちません。

でも”人”は違う。”人”は時間とともに経験を積み、学び、人脈を広げてその価値を高めていきます。新入社員より5年目、5年目より10年目の”人”の方が人材価値は高い。経営資源の中で”人”だけが時間の経過とともに価値を高めることができるのです。


同じ素質、同じ人間性、また同じ経験を積んだ”人”でも、働く環境によってパフォーマンスが変わります。安心できる環境が不安な環境か、やる気が高まるか失うか、会社のビジョン(目指す姿)に共感できるかどうか、ともに働く仲間や上司などによって仕事の成果は全く違う。だから、会社は職場環境や社風・風土に気を配り、その人が最高のパフォーマンスを発揮できるように整えていく必要があります。


8月から当社に人事総務部を設置しました。これまで当社では人事というと技術者採用のことを意味していましたよね?でも人事というのは、社内の”人”の価値を最大化するための組織です。皆さんが安心して、経験を積み、モチベーション高く、会社とともに成長していく。そのための環境づくりに真剣に取り組んでいきます。不満ゼロはなかなか難しいですが、少なくとも「不安ゼロ」で自分の将来を描くことができる会社にしていきたいと思います。


あとがき


今年長男が中学生になりました。選んだ部活がバレーボール部。実は私も中高大と10年間バレーボールをやっていました。この前も近くの公園で一緒にパス練習。キャッチボールをしたり、サッカーしたりする親子はよく見るけど、バレーボールやってる親子はめずらしいよね?

2021年7月10日土曜日

頭が悪い人ほど質問をしないのはなぜか?


 皆さんは、一日に何回”わからないこと”に出会いますか?
そして、そのうちのどれくらいを質問したり調べたりして解決していますか?

人と話していたり、ミーティングをしていたりしていて、あれ?と思うこと、その言葉どういう意味?と思うことがありますよね?その時に、メモに残して後で調べたり、その場でスマホで調べたり、もしくは間合いをみながら質問したりできていますか?これができない人は、単にめんどくさいだけか、もしくは自分が知らないことを他人に知られるのが恥ずかしいか、知らないという自分の弱点に向き合うのがつらいかといったところでしょう。

雑誌日経ビジネスの記事に『ドラゴン桜』に学ぶ「頭が悪い人ほど質問しないのはなぜか?」という記事がありました。ここには、「頭のいい人」の条件は「人間性」だと書かれています。勉強というのは、「わからないこと」を「わかる」ようにすること。そのためには、自分がわからないこと、できないことに素直に向き合い、謙虚に受け入れなければなりません。それができない人は、いつまでたってもわからないまま。つまり、成長のためには素直さや謙虚さが必要だということです。

分からないことは恥ずかしいことでもなんでもありません。わからないことを質問することも失礼なことではありません。私はお客様と話をするとき、まずは色々と質問することを心掛けています。その際は、「勉強不足で申し訳ありませんが・・・」と頭につけて、どんどん質問します。人は結構教えることが好きなものですから、教えてくださいと謙虚な姿勢を見せることで、嫌な顔をすることなく何でも教えてくれます。

「質問をすること」は立派なビジネススキルのひとつです。皆さんも1日にひとつ、分からないことをクリアして、1年に365個の新しい知識をつけましょう


あとがき

東京オフィスの人は知っていると思いますが私はコーヒー中毒です。NSビルにはタリーズが入っていますが、あえて少し遠いスタバに行くのは、レシートのお代わりコーヒー100円が目当て。そのスタバで47都道府県ごとのJIMOTOフラペチーノを出しています。普段は普通のコーヒーだけど、これから暑くなってきたら飲みたくなるね。

2021年7月1日木曜日

ファンであることを楽しもう


 今日から正式にアーキ・ジャパン、アクト・ジャパン、AJホールディングスの社長に就任しました。改めましてよろしくお願いします!

そして、今日からブログもはじめます。オンラインも含めて、できる限り皆さんとのコミュニケーション機会をつくっていきたいと思っていますが、全国各地で仕事をしている社員ひとりひとりと顔を合わせて話をする時間はなかなかとれません。そこでこのブログを通じて、私がどんな人間なのか、普段何を考えて、どんな仕事をしているのか、などを伝えていきたいと思います。基本的には社内向けのメッセージなのですが、インターネット上で公開しているので誰でも見ることができます。当社の技術社員はもちろんのこと派遣先のお客様、当社に面接に来られる方、OB/OG、家族、、、当社に興味関心がある方に、会社のこと、社員のこと、私のことなどを知ってもらうきっかけになればいいなと思います。

さて初回は、このブログのタイトル「AJファン」について。私は社長としてAJグループの業績の成長を目指しますが、同時にこの会社をたくさんのファンで囲まれる会社にしたいと思っています。社員はもちろんのこと、お客様、取引先、社員の家族、退職したOB/OGなど、当社に関わっている人にAJファンになってほしい。そしてファンであることを楽しんで欲しいのです。これは、愛社精神を持てなどと言っているのではありません。

皆さんは誰かのファンですか?芸能人、スポーツチームや選手、芸術家、ジャンルは問いません。もし、ファンである誰かがいたとして、その理由はなんでしょう?おそらく、なんとなく好き、可愛い、かっこいい、雰囲気が好き、友達がファンだから、親がファンだから、、、、そんな理由からファンになったのではないでしょうか?そしていつの間にか、その人を応援したいと思い、成功を願ったり、生き方に共感したり、一緒に成長したいと思ったり、失敗を悲しんだり、時に馬鹿野郎と怒ったりするようになる。それがファンなんだと思います。

皆さんにも、この会社がなんとなく好き、居心地がいい、人がいい、そのような”なんとなく”の気持ちに始まって、同僚の成功を祝福したり、後輩を叱咤激励したり、会社が目指すビジョンに共感したり、自分が成長することで会社を成長させたいと感じるようになる。そしてひとりでも多くの人に、AJグループの社員であること、AJグループの仕事に関わっていることに自信と誇りを持ってほしいと思っています。それが、ファンになり、ファンであることを楽しむということ。

私はすでにAJファンであり、ファンであることを楽しんでいますよ。一緒にファンクラブ活動を盛り上げていきましょう!